読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分磨きとか

 

 

 

今年大学生になるし、

もう少し綺麗なメイクをしたいなあ。とか

綺麗な服を着たいなあ。とか

常識のある丁寧な女性になりたいなあ。とか

考えるのはとっても心が踊ります。

 

 

女子大生は、いつも綺麗な髪型とメイク、そしてチュールのスカートにサマンサタバサのバッグ…

というわたしの勝手なイメージがあるけど、

たぶんわたしにそんな格好は似合わないとおもう。

 

 

私服校な上に、校則もない高校だったので、服もメイクも髪型もいろいろ遊んでしまったわけで

なんかもうキャピキャピスタイルはいいや、と。

 

老けてしまったJKです。

 

3年間でかなりおばさんになってしまいました。

 

 

 

 

でもね、

落ち着いたのは淳太くんを好きになってからなんです。

 

(いちいちチョロいオタクぶりを発揮しますが)

 

淳太くんは美意識が高く、しかもはるかに大人で届くはずもないキラキラ貴族なのに、なぜか少しでも近づこうと、

 

 

服の系統を変えました。

 

 

あと、遊びすぎた髪も茶色ピンクから徐々に黒髪へ戻したり…

 

結局淳太くんには届くはずもないこの心意気は、なんの意味もないですが、おかげで意識高く生きてゆくようになりました。

 

 

ありがとう、淳太くん!

 

 

 

 

 

話戻りますが、

 

この春の顔の色は、女の子っぽくしたくて

ピンクが気になっています。

 

今持っている口紅は秋冬モデルのワインレッドなので、まずは口紅をゲットしたいなあって

この間、資生堂のルージュルージュを試したら

あれは買うしかないってくらい魅力を感じました。

名前が素敵なので是非調べていただきたいです…

 

よし、今度買いに行こう。

 

 

 

 

 

そして、ママがバッグをプレゼントしてくれると言っていたので

サマンサタバサは苦手だから

ポールスミスのものを買ってもらおうかなって。

ポールスミスのお洋服とか、見てるとドンピシャで全部欲しいくらい素敵なデザイン…!

ブリティッシュなシンプルさが本当に好きです。

 

 

ママには「イギリスよりフランスが素敵だよ」とか言ってくるけど、たしかにファッションと言ったらフランス、パリなのかなあ…

 イギリスって結構ロックなイメージあるから、フランスの上品なワンピースの女性とか想像するとそちらの方が好きかもしれないな…なんて…

ママ的には、わたしには女の子っぽい格好をして欲しいみたいです。

 

フランス人は服を10着しかもたない、という本を少し読んだことがあるけれど

心にゆとりを持って生活することの大切さ

ということについて書いてあって、

その生き方に感動して参考にしたいと思いました。

お洒落も趣味も、苦しまない程度に楽しみたいと毎回思うけど実際悩むことの方が多い今は、そうなるまで

少し待つしかないのかなあ。

 

 いずれにせよ、大学生までにもっと自分を形成して素敵な女性になりたいものだなあと感じる毎日です。

 

 

 

 

では。

 

 

 

f:id:saepocon:20170219022130j:image

 

広告を非表示にする